西山研究室の研究内容

ナノ空間材料の構造制御と反応・分離プロセスの開発

物質科学と反応操作・分離操作を融合させた新しい化学工学の創成が必要であると考え、自己組織化・自己集合を利用した「ナノ空間材料の合成・構造制御」および「ナノ空間の物質移動が関与する反応操作・分離操作」に関する研究開発を行っています。

研究詳細へ


液晶の構造と物性|分子間相互作用に注目して

有用な分子材料を自由自在にデザインするためには、分子構造と物性の相関を明らかにする必要があります。私たちは、自己組織的に多彩な構造を形成する「液晶」について、有機化学・ソフトマター物理学の両面から分子間相互作用と磁性・光学的性質を中心に研究しています。

研究詳細へ


機能性材料の原子レベルでの設計

原子レベルでの局所構造に違いにより、材料の機能が大きく変わることがあります。言い換えれば、原子レベルで巧みに材料を設計することができれば、高機能化や潜在的な機能の発現が可能となります。そこで、私たちは、機能性材料(主にゼオライト、カーボン、MOFなど)に対して、原子レベルでの設計手法を開発し、高機能化や機能の発現を図っています。